記憶力向上!サプリメントで脳の活性化

週3回の有酸素運動で記憶力をアップさせよう

記憶力アップには脳以外の細胞を使って覚えたり、繰り返し行なうことが効果的とされています。そこで普段自分がよく使う道を使って記憶力をアップさせましょう。通勤や通学、散歩コースなど様々なよく使う道というものが存在しますね。これを使って場所細胞という細胞を増やすことで記憶力アップに繋がるのです。

 

場所細胞とは記憶をつかさどる脳の海馬に存在し使うことで鍛えられていきます。例えば一般的な道を知り尽くしたタクシー運転手さんなどは日々この場所細胞を鍛え続けていると言っても過言ではなく勤続年数が多ければ多いほど、この場所細胞が占める体積も増えているという研究結果も出ているほどなのです。

 

場所細胞に年齢は関係なく、むしろ年齢を重ねれば重ねるほど増やすことが可能なので日々の生活で少しだけ意識してみてはいかがでしょうか。そしてこの場所細胞のトレーニングに最も適しているのが週3回の有酸素運動というわけです。有酸素運動と聞くとウォーキングやサイクリングなどを思い浮かべますね、身体に過度の負担をかけることなく汗を流すことが出来るので記憶力とは関係なく普段の生活に取り入れている人も多いのではないでしょうか。

 

この有酸素運動、実は脳の神経細胞にも大きく影響しており、週3回の有酸素運動を行った結果認知症のリスクが半減されるなどの研究結果もでています。週3回、時間は40分ほどでよいのでウォーキングやサイクリングを始めてみませんか。

 

脳の回転と記憶力がアップする食べ物

 

記憶力の低下を防ぐ方法としてポピュラーなのが脳トレと呼ばれるトレーニングですね。本やゲームなど様々なものが登場しており、その方法も実に様々です。実際に実践している人も多いのではないでしょうか。ですが実は私たちが普段食べているものの中にも脳トレと同じぐらい脳の回転や記憶力をアップさせることができる食べ物があるのをご存知ですか?脳トレに加えて普段の食生活を見直して更に脳を活性化させましょう。

 

まず頭の回転がよくなる栄養素は3つあります。ブドウ糖・DHA,EPA・レシチンです。ブドウ糖はパンやごはんなど炭水化物に含まれる栄養素で取り入れた炭水化物が体内で分解されることによってブドウ糖となり体の様々な細胞のエネルギー源となります。脳も細胞の1つなのでブドウ糖は脳に取っても大切なエネルギー源となるのです。

 

二つ目のDHA,EPAは青魚に多く含まれる栄養素で取り入れやすい食材としてはイワシやサバ、アジやブリなどが挙げられます。特にDHAに関しては血中の脂質濃度を下げる働きがありこれによって脳の動きを活性化させる効果があるのですが、DHA,EPAは人間の体内で作り出すことが出来ないので食物などから取り入れる必要があります。

 

そして三つ目のレシチンは脳の神経伝達物質で大豆や卵黄、チーズ、レバーやナッツに多く含まれており、こういった食材からレシチンを補うことで記憶力アップや集中力アップに効果があります。またこういった栄養素を含む食材を効率的に吸収する方法として3食きちんと食べることが必要不可欠になってきます。基本的にはブドウ糖などは一気に取り入れて溜め込んで置くことが出来ないので特に朝は朝食を抜かずにしっかりとよく噛んで食べましょう。

 

記憶力が低くても仕事を完璧にすすめる方法

 

ビジネスのシーンでは様々な場面で記憶というものが必要不可欠になってきます。記憶によって仕事の進め方や機械の操作、人とのコミュニケーションを図っているので記憶力が低くなってしまうと仕事に大きな影響を与えることも少なくありません。中には記憶力が低いのではないかと不安な中で日々の業務をこなしている人も多いのではないでしょうか。そこでここではそんな中で完璧な仕事が出来るような方法や対策をご紹介しましょう。 
こちらも参考に→記憶力向上!サポートサプリはこれだ!勉強・仕事、能率アップ!

 

まず記憶力に不安がある場合にはマニュアルを何度も何度も読み返してみましょう。目視でマニュアルを読むのではなく音読で声に出して読み上げるとより効果的です。繰り返すことが重要ですので頭に叩き込むつもりで行いましょう。次に日々の業務の中で行なうのがメモを取り、メモに書いた事柄が終わるまで見える所に貼っておきます。ポストイットが便利なのでメモを書いて自分のパソコンになどに貼っておきましょう。これでうっかり忘れてしまっていたということを回避出来るようになります。

 

この他には業務外で会社のマニュアルなどを自分なりにノートにまとめるのも効果的です。メモリーノートと呼ばれており、業務内容などを関連付けてノートにまとめることによって必要な時に脳の中でその情報が取り出し易くなります。また何かあればこういったノートを見直すことも出来るようになりますね。

 

記憶力が低いからと言って諦めるのではなく、こういった工夫をしながら日々の業務などをこなすことで完璧に片付けていくことが出来るのではないでしょうか。

 

顔へのキャビテーションの効果は?

 

キャビテーションというのは、脂肪に超音波を当てることにより脂肪燃焼と排出を促進させるエステ方法で、その効果の高さと経済的であること、安全性などから高い評価を受けています。また、傷みを感じることも少ないので女性たちには嬉しいエステメニューです。このキャビテーションは基本的に全身に施術することが可能なので、顔だとしても脂肪がある程度あればキャビテーションを行うことは可能です。

 

しかしながら、顔はデリケートな部位でもあるため、キャビテーションを行う際には、注意しなければならないことが数多くあります。キャビテーションの仕組みは、超音波で脂肪を振動させて燃焼させることに始まりますので、この振動が顔周りの神経や骨などに伝わることで、様々な予期せぬ副作用が起きる可能性は否定できません。

 

たとえば、耳の近くに機器を当てる事で耳鳴りがずっと残ってしまう場合もあると言いますし、頭付近で使用すると脳も振動することになり、脳震盪に似た症状が現れるケースもあるそうです。たとえ顔用に出力を抑えたキャビテーションだったとしても、そのような場合があるということはわかって行う必要があるでしょう。

 

最近ではキャビテーションが浸透してきたこともあり、施術を行うエステやクリニック側での技術や知識の向上ももちろんあり、顔だとしても適切なキャビテーションを行ってくれるサロンが増えているとも言われます。お店によっては顔への施術によってこういった副作用が起こることは少なくなってきているそうです。

 

顔にキャビテーションを行うと、顔全体のリフトアップ効果やむくみの解消がされたり、キメの改善、肌色が明るくなる、目クマの除去など、脂肪を除去すること以外にも嬉しい効果が数多く見られます。キャビテーションは元来脂肪に作用するエステではありますが、同時に血行も改善することになりますので、血色が改善し、肌の透明感が出てきて、毛穴が目立たなくなります。

 

また、むくみも取れるので小顔効果が見られますし、加齢によって垂れ下がってきている頬も引き上げる作用があるので、見た目にも若返って見えるのですね。一度の施術でもその効果を実感できると言いますが、より定着率を上げるためにはある程度の回数の施術を行うことが必要です。

 

しかしながら、副作用を避けるために出力を抑えていることが顔用のキャビテーションは多いため、体用のものと比べると効果は少なめになることは覚えておきましょう。ですので、劇的な変化を臨むというよりは、定着をさせるために少々時間が必要だという認識をもって臨むほうが良いと思います。

 

急いで効果を得ようとして顔に強い超音波を当ててしまった場合、気分を悪くしてしまったり体がふらついて倒れてしまったり、急激な脂肪量の変化によって顔にかえってシワができやすくなってしまうというケースもあったそうです。顔というのは体よりも非常にデリケートにできている部位ですから、キャビテーションを行う際には、必ず顔専用のものを使うことに留意し、しっかりとした技術と知識を持ったサロンで行うようにしてリスクを少しでも減らすようにしましょう。

 

まつげにも力を入れて美強化>>>まつ毛美容液の効果高いランキング!失敗しない選び方・使い方徹底解説

更新情報・お知らせ